Webサイト・通販サイトが無料で作れるWebサービス

自分で、そして簡単にWebサイトや通販サイトが作れるのをご存知でしょうか?

実は、そういったもWeb制作サービスは無数にあります。

その中からWebデザイナーもオススメする、Webサイト・通販サイトをご紹介します!

1. 無料で作れるWebサイト

まずは、無料で作れるWebサイトのご紹介です。

  1. Wix(ウィックス) https://ja.wix.com/
  2. ペライチ https://peraichi.com/
  3. STUDIO(スタジオ) https://studio.design/ja
  4. ジンドゥー https://www.jimdo.com/jp/
  5. Ameba Ownd(アメーバオウンド) https://www.amebaownd.com/
  6. CRAYON(クレヨン) https://c-rayon.com/

番外編:Goope(グーペ) https://goope.jp/

1-1. Wix(ウィックス)

おすすめ度:★★★

一度は耳にしたり、Wixで作られたサイトを見かけたことがあるのではないでしょうか?

無料サイト制作で一億人ユーザーがサイトを作っている有名サービスです。

1-2. ペライチ

おすすめ度:★★★★

1ページサイトが作れます。1ページまでが無料ですが、ボリュームのある1ページを作ることが出来ます。

1-3. STUDIO(スタジオ)

おすすめ度:★★★★★

5ページまで無料。デザイン性の高いサイトが作れます。

デザインのカスタマイズも可能!デザインにこだわりたい方にオススメです。

1-4. ジンドゥー

おすすめ度:★★★

KDDIウェブコミュニケーションが提供するサービス。

ドイツで生まれたサービスですが、日本語にも対応しています。

1-5. Ameba Ownd(アメーバオウンド)

おすすめ度:★★★

アメブロで有名な株式会社サイバーエージェントが提供するサービス。

デザイン性の高いサイトが簡単に作れます。

1-6. CRAYON(クレヨン)

おすすめ度:★★★

アプリからサイトを作れる画期的なサービス!

パソコンを持っていない方に最適です。

番外編:Goope(グーペ)

おすすめ度:★★★

こちらは月間1,000円ですが、おすすめですので紹介いたします!

イベントやカレンダーも作ることが出来るので、特に飲食店さまや美容室さまに最適です。


ご紹介したサービスをまとめたものを、Instagram(@ibg_webdesign)でも投稿しています!

投稿内容を見返したい場合は、Instagramで投稿を保存してみてください◎

2. 無料で作れる通販サイト

次に通販サイトのご紹介です。

  1. BASE(ベイス) https://thebase.in/
  2. STORES(ストアーズ) https://stores.jp/
  3. カラーミーショップ https://shop-pro.jp/
  4. Square(スクエア) https://squareup.com/jp/ja/online-store/

その他:通販サイトを使用する際にかかる手数料とは?

2-1. BASE(ベイス)

おすすめ度:★★★★★

香取慎吾さんのCMでおなじみのBASE。

初期費用+月間費用が一切かからず、売り上げから手数料(販売手数料)が引かれます。

通販サイト初心者さんにオススメです。

2-2. STORES(ストアーズ)

おすすめ度:★★★★★

こちらも、初期費用+月間費用 が無料。

サイトのカスタマイズも無料ででき、販売手数料も安めになっています。

通販サイト初心者さんにオススメです。

2-3. カラーミーショップ

おすすめ度:★★★

1商品まで、手記費用+月間費用+販売手数料が無料。

月額を払えば、販売手数料を払う必要がありません。

こちらは、クレジットカードの申し込みが必要、審査有です。

2-4. Square(スクエア)

おすすめ度:★★★

初期費用+月間費用、販売手数料も無料です。

こちらも、クレジット審査有。2020年10月から始まったサービスになります。

その他:通販サイトを使用する際にかかる手数料とは?

その他の手数料①: クレジット決済手数料

全てのサービスには販売手数料のほかに、クレジット決済手数料(3.6%~4%)※がかかってきます。クレジット決済手数料はクレジットで売れた時の手数料になります。

※各Webサービスによって%は異なります。

その他の手数料②:振込手数料

無料通販サービスでは売り上げが一旦、Webサービス会社に振り込まれるため、振込手数料(250~)※がかかってきます。入金サイクルなども各Webサービスによって異なります。

※各Webサービスによって%は異なります。

かかる費用のまとめ

今回、消化した通販サイト立ち上げ費用のまとめです。

通販開業費用・・・初期費用+月間費用

売れた時・・・販売手数料+クレジット決済手数料

売上金振込時・・・振込手数料

その他に、梱包資材代も必要になってきます。


ご紹介したサービスをまとめたものを、Instagram(@ibg_webdesign)でも投稿しています!

今回紹介した内容はもちろん、その他にもWEBデザインの豆知識なども投稿していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3. 最後に・・・

無料で作れるWebサイト、通販サイトのWebサービスはたくさんあります。

「たくさんあるので、どれがいいのか分からない!」とお悩みの方はぜひ、参考にされてみてください!

1つに絞るのではなく、気になったものをいくつかお試しで使って自身で比較してみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

  1. Adobe Colorを使って、簡単に配色を決める方法

  2. 著作権や商用利用とは?

  3. カラーユニバーサルデザインとは?

  4. ロゴ作成方法 6選

  5. 様々なデザイン方法

  6. 「Canva」を使って、Instagramの投稿画像を作成