ネットワーク構築は設計が大事

  • 貴社のネットワークはトラブルに強くできていますか?
  • 繋がらなくなったときにどこが悪いかすぐにわかりますか?
  • 拠点間を繋ぎたいけど、よくわからない

パソコンからスマホ、タブレットに至るまで今はネットワークに繋がった上で仕事が動いていきますよね。
ネットワークのトラブルによる業務損失は大きくなってしまってます。

きちんとしたネットワーク構築を実施することで、自分たちででも可能に、わからない場合は弊社に電話してすぐに対応できるネットワーク構築をオススメします。

今までIBGは50以上の事業所のネットワーク構築を実施してきた経験があります。

考えられたネットワーク設計により、トラブルに強くなり、業務損失の時間を短くします。

ネットワーク構築は設計が大事

WiFiが中心になってきたとはいえ、サーバーへの接続や速度やセキュリティを考慮しての有線接続も未だにあります。

  • 多拠点接続のVPN接続の構築の仕方
  • WiFiアクセスポイントの設置方法
  • 有線接続のHUBのつなぎ方

考えなければいけないポイントは幾つもあります。

単純にHUBを繋げて、ネットワークを構築してしまうと繋がらなくなったときの原因追及に時間がかかる場合があります。

HUBの電源が外れていただけということに気づかないで、見当違いの原因追及をしてしまう場合すら普通にあります。

WiFiの電波の混線で速度が遅くなってしまうこともよくあります。

ファイルサーバーとクラウドの活用

在宅ワークをやる会社も増えてきました。在宅ワークをする上で、ファイルサーバーの活用をオススメします。

在宅ワークのスタッフが多い場合は、クラウド利用の場合はライセンス料が高騰してしまいます。

ファイルサーバーにアクセスをしてもらいながら、クラウドはバックアップとして利用するのがいいと思います。

ファイルサーバーを利用することで、会社としてのデータ管理を集中させることでバックアップも集中できます。個々人のデータ管理から組織によるデータ管理の第一歩がファイルサーバーの設置になります。